保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

カサカサで両脇腹がかゆい!どうすればいい?


カサカサで両脇腹がかゆい!どうすればいい?

空気が乾燥する秋から冬にかけては特に肌が乾燥しますよね。

急に脇腹がかゆくなり、我慢できずに掻きむしってしまう事も多々あると思います。

掻きむしったまま、そのままにしておくと、黒ずみなどの色素沈着になってしまう事が私自身もありました。

若い頃はそれほど気にならなかった乾燥も、年齢と共に、脇腹やスネなどの部分が特に乾燥してきます。

ただの乾燥肌ではなく、乾燥性皮膚炎かもしれません。

乾燥している状態が進行すると、乾皮症になり、それがまた進行すると、乾燥性皮膚炎になります。

肌が乾燥すると、角質層の水分が不足し、硬くなります。

この症状が進み、強いかゆみが出て、脇腹などの皮膚が乾燥しやすい所に出ます。

原因はいくつかありますが体の洗いすぎが挙げられます。

体の洗い過ぎは必要な皮脂が奪われ、乾燥が進行してしまいますので、ボデイシャンプーや石鹸を良く泡立てて、優しく洗いましょう。

ゴシゴシ擦ったり、必要以上に丁寧に洗う必要はありません。

弱酸性の物を選ぶと良いかと思います。

また、入浴の際には、39~40℃位のぬるま湯につかるようにし、熱いお湯に入るのは避けましょう。

熱いお湯は皮脂を奪い、体が温まり過ぎて、かゆくなってしまいます。

長風呂も避け、15分程度までにしましょう。

入浴後は体に少し水分が付いた状態で保湿剤をたっぷりと塗るようにしましょう。

もしも、寝る前にも時間があれば、もう1度、保湿してから寝るようにすると、布団に入り、体が温まってしまっても、かゆみはある程度抑えられます。

また、お部屋の乾燥を防ぐ事も大事ですので、加湿器を使用する事をおすすめします。
設定湿度は約60%を目安に加湿しましょう。

濡れたタオルをハンガーにかけてお部屋にかけたり、ボウルに水を入れても効果があります。

今はアロマ対応の加湿器が沢山売っていますので、自分の好きな匂いを選んでも癒され、ストレス解消にもなります。

そして、実は肌着にも原因があったりします。

冬は寒いのでインナーにヒートテックなどの肌着を着る機会が増えますよね。

肌着が重要で、アクリルやナイロンなどの化学繊維の物は、かゆみを誘発したり、体の水分を奪いますので、綿素材を選ぶようにしましょう。

化学繊維の衣服を着る時は、直接肌に触れないようにするのがベストです。

これらの方法と合わせて、私がおすすめする保湿剤があります。

「アトピスマイル」です。

赤ちゃんから敏感肌の方まで使用でき、無香料、無着色で、有効成分のライスパワーエキスNo.11を配合しており、ステロイドやカゼインは使用されていないので、安心してお使い頂けます。

日本で初めて改善できる薬用化粧品の成分が配合されております。

乾燥による皮膚トラブル、水分不足肌にお悩みの全ての方に使えます。

是非お試ししてみて下さい。

u

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ : 

アトピスマイル

この記事に関連する記事一覧