保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

乾燥肌のかゆみを改善するコツ


乾燥肌のかゆみを改善するコツ

先日は東京でも雪が降り、暖冬の気配が一気に消えてなくなりましたね。

空気はますます乾燥して、あらゆる感染症や皮膚炎に悩まされている方も多いと思います。

私自身も、日に日に肌の乾燥が強くなるのを感じていたので、食生活の見直しや生活習慣について改めてみました。

すると、ちょっとした自分の変化で、乾燥肌を改善する兆しが見えてきたのです。

では、私も実際に実践している乾燥肌対策についてお話していきましょう。

そもそも、肌が乾燥してしまうのは、普通肌の方と比べて油分・水分ともに少ないからだということがわかります。

その原因は、肌のバリア機能の低下が大きいとみられており、これはアトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方にも共通しています。

肌のバリア機能を高めるためには、体の代謝を高めるのも大切です。

代謝を高めて免疫力も強化する代表的な食べ物というと、緑黄色野菜です。

ほうれん草
小松菜
かぼちゃ
人参

このような野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、日常的に摂取するのがオススメです。

次に、大豆食品です。

畑の肉とも言われている大豆には、免疫力を強化したり、植物性タンパク質としてあらゆるメリットをもたらします。

特に女性は大豆イソフラボンを積極的に摂取することで、女性ホルモンにも効果的に働きます。

そして生活習慣の見直しですが、成長ホルモンの分泌を活用して、肌再生を活性化させるために早めの就寝を心がけて下さい。

バスタイムには、ぬるめのお湯に長時間浸かる半身浴を実践すると、徐々に体を温めるので、急激な痒みを抑えることができます。

また、肌の保湿を忘れないでください。

肌の保湿には、「アトピスマイル」などの水分保持機能を高める効果が高い成分が配合された保湿剤を取り入れるのが効果的です。

アトピスマイルに含まれているライスパワーNo11は、国も認めている成分となりますので、まだ試したことがない方には是非試していただきたい成分です。

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ :  

かゆみ改善

この記事に関連する記事一覧