保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

アトピスマイルは乳児湿疹にも使える?


アトピスマイルは乳児湿疹にも使える?

赤ちゃんは肌がプルプルで弾力に溢れていますよね。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは肌荒れを起こしていることが多いことをあなたはご存知ですか?

私は2人の子供がいますが、実際に自分が出産してみて赤ちゃんの肌が思った以上に荒れていることに驚きました。

今までテレビCMなどで見てきた赤ちゃんたちは肌がプルプルで、まるで肌荒れとは無縁のように見えたため、なぜ生まれたての赤ちゃんがこんなに肌荒れを起こしているのか不思議でしょうがなかったのです。

赤ちゃんの肌荒れは、乳児湿疹と呼ばれています。

乳児湿疹は生後まもなくから6カ月位までの間によく見られる皮膚の炎症で、主な原因は肌のバリア機能がしっかりと形成されていないからだと言われています。

私たちの肌表面にはバリア機能が備わっており、外部からの刺激を守ってくれています。

しかし、生まれたての赤ちゃんはバリア機能が非常に弱いため外部からの刺激に素早く反応してしまい、肌表面がカサカサしたりグジュグジュてしまったりと、炎症を引き起こしてしまうのです。

さらに外部からの刺激だけではなく、生まれたての赤ちゃんは新陳代謝が非常に活発なことから皮脂と汗の分泌が大量に行われるため、このような肌荒れを起こしやすいことがわかっています。

そのため、乳児湿疹の多くは新生児にきびとも呼ばれています。

ニキビができるという事は肌がベタベタしていると想像しがちですが、実は思っている以上に赤ちゃんの肌は乾燥しやすいんです。

肌が乾燥状態に陥ることで余計にバリア機能が低下しますし、さらに乾燥により余計に皮脂を活発に分泌してしまいニキビを悪化させることにもつながります。

そこで乳児湿疹のケアとして大切になってくるのが保湿です。

ドラッグストアなどに行くと赤ちゃんの売り場に保湿剤がたくさん販売されていますが、私はあまり市販の商品をお勧めしていません。

その理由は実際に様々な商品を使ってみて、赤ちゃんの肌に合わなかった事が多かったからです。

そこで赤ちゃんの乳児湿疹のケアにお勧めしたいのは、公式サイトからのネット通販にて購入することができる報道ステーションでも紹介されたアトピスマイルです。

この商品はドラッグストアなどでは購入することが難しい商品ですが、アトピー関連の著書でも紹介されていたり、かなり知名度の高い商品となっています。

大人から子供まで幅広く使うことができ、肌内部に潤いを保持することができるライスパワーナンバー11エキスが配合されています。

ライスパワーナンバー11エキスは医薬部外品となっており、厚生労働省が水分保持機能の改善に効果があると唯一認めた成分です。

余計な成分は一切加えずに、肌の保湿に高い効果を発揮する成分のみを配合して作られているため、赤ちゃんの全身ケアにも安心して使うことができます。

もちろんお母さんの保湿にも高い効果を発揮してくれるので、ぜひ親子でアトピスマイルを使ってみてくださいね。

u

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ : 

アトピスマイル

この記事に関連する記事一覧