保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

アトピスマイルの効果とその理由


アトピスマイルの効果とその理由

アトピーの症状でお悩みの方は多いと思います。

アトピーは根治が難しいと言われている皮膚疾患なので、患者数も年々増加しています。

アトピーで受診すると、主に抗アレルギー薬の服用やステロイド薬で症状を緩和させるという「治す」治療ではなく、「緩和」させる対症療法となります。

私の子供も小さい頃からアトピーに悩まされています。

生まれて数か月の時に、それまでにない痒がり方で、生後2~3か月なのに自分の手で掻き毟り、ひっかき傷ができてしまい、膿んでしまったことがありました。

症状が一番ひどかったのは2月頃で、病院は感染症で混んでいる時期でしたので、受診を控えたいと思いましたが、悪化していく一方なので小児科を受診しました。

初めて小児科を受診した理由が、そのときの皮膚疾患だったことになります。

生まれて数か月の皮膚にステロイド軟膏が処方されました。

膿んでいたので、殺菌効果のある軟膏も処方されましたね。

そのころは、薬についての知識は、ほぼなかったので、処方されたものを支持された通りに使い、そのときは落ち着きました。

やがて春になり、かゆみもカサカサもなくなりました。

しかし主人がアレルギー体質ですし、私自身はアレルギーはないのですが、私の方も家系的にはアレルギー体質はあるので、隔世遺伝の可能性もあり、子供がアレルギー体質であることは、ほぼ確実だなとそのときに思いました。

1歳を迎えた冬、また同じように1年前と同じ症状が起こりました。

受診すると、またステロイド軟膏が処方されました。

そのころになると私も自分で色々調べたりしながら薬の知識を少しずつ学ぶようになっていたのでステロイドについて疑問もあり、薬剤師さんに相談すると、これは一番弱いものだし、おむつかぶれにも使えるもので、長期的に使わなければ問題ありませんと言われました。

それを使わないと症状は悪化するので、心配しながらも使いました。

そのようなことを繰り返していくうちに、薬ではなく体質改善をしたいと思うようになり、薬に頼らずスキンケアや食事などを見なおしたりする生活をスタートさせました。

今は、ステロイド軟膏は全く使っていません。

どうしても辛い時のみ予防の効果がある軟膏を使いますが、ひと冬で、ほんの数日しか使わなくなりまし。

ここまでたどり着くのに、とても長い時間がかかりました。

さて、今はとても良いものがありますよ。

紹介しますね。

「アアトピスマイル」です。

アトピスマイルは、厚労省が認めた「ライスパワー№11」という水分保持機能を高める成分が取り入れられています。

このライスパワー№11の働きによって、辛いアトピーの症状が改善されると言われています。

テレビや本でも取り上げられて紹介されています。

水分保持機能を高めてバリア機能を高める効果や、肌表面の皮脂膜の代わりをしながら保湿する効果が期待できます。

今まで、ガゼインという成分が含まれまた商品がありましたが、アトピスマイルにはガゼインは使用されていません。

ガゼインは、乳成分に含まれていますが、アトピー症状を悪化させるという説もあり、肌に負担となるものは除去されています。

しっとり保湿され、でも肌表面はベタベタしませんし、痒みを発症することもなく快適な使い心地だと言われています。

小さい子供から高齢の方まで使えるので、家族全員で使えます。

1家に1つアトピスマイルですね!

u

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ :  

アトピスマイル

この記事に関連する記事一覧