保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

アトピスマイルでアトピーの赤ら顔ケアもできる?


アトピスマイルでアトピーの赤ら顔ケアもできる?

アトピー性皮膚炎と赤ら顔は切っても切れない関係があります。

私は子供の頃からアトピー性皮膚炎ですが、同時に赤ら顔にも悩まされてきました。

その当時はなぜ自分の顔が赤いのかよくわからず、大人になってからアトピーの症状が良くなるのと同時に赤ら顔も改善されていきましたが、その理由についても特に深く考えたことがありませんでした。

しかし、顔が赤くなる原因は毛細血管の拡張が大きく関係していることがわかりました。

例えばアトピー性皮膚炎の治療で使われているステロイド。
このステロイドの副作用により毛細血管の拡張が発生して赤ら顔を作り出す可能性があると言われています。

さらにアトピー性皮膚炎の大きな特徴は、1部分に大きな炎症を起こすと言うことです。

痒くてかきむしってしまった場所は、たちまち炎症を引き起こします。
特に顔は他の部分と比較しても皮膚が非常に薄いため、皮膚に炎症が起きた場所の修復を行おうと毛細血管が広がることにより、赤みが目立つようになります。

つまりアトピー性皮膚炎の症状と治療どちらも赤ら顔につながってしまうということです。

もちろんアトピー性皮膚炎でなくても赤ら顔に悩まされている人はたくさんいます。

例えば寒い地域の子供たちは頬が赤いイメージがありますよね。
これは寒い場所では血管が収縮して、暖かい場所では逆に血管が拡張するため、寒い所と暖かい所の寒暖差により赤ら顔が発生します。

このように赤ら顔の大きな原因は毛細血管の拡張だということがわかりますね。

では、アトピー性皮膚炎の人が引き起こしやすい赤ら顔を改善するためには一体どうすれば良いのか。

その改善のための大きなカギを握るのが保湿でした。

肌は乾燥を引き起こすことにより炎症を発生させやすくなります。
さらにアトピー性皮膚炎の場合には皮膚の表面が乾燥することにより痒みが増大するため、肌の内部からしっかりと保湿を行ってあげることにより、痒みを軽減し皮膚の炎症を抑えることにつながります。

保湿といっても肌表面だけが潤う保湿ではあまり改善策になりません。

そこでお勧めしたいのがアトピスマイルです。

アトピスマイルは有効成分としてライスパワーエキスNo.11を配合しています。

ライスパワーエキスNo.11は厚生労働省で唯一水分保持機能の改善が行うことができると認定された成分です。

そもそも肌の表面が乾燥してしまう理由も、肌の内部から潤いが不足していることが大きな原因となります。

本来私たちの肌にはバリア機能が形成され、肌内部の潤いが蒸発しないように保たれていますが、肌状態が悪化してしまうとバリア機能が低下し、肌内部の潤い成分もどんどん蒸発していきます。

アトピスマイルは肌内部の潤い成分をしっかりと向上させながら健やかな状態に導き、肌のバリア機能も安定させることにより高い保湿効果をもたらします。

アトピー性皮膚炎のせいで赤ら顔がなかなか改善されないと悩んでいる方は、アトピスマイルで徹底した保湿を試してみてくださいね。

u

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ :  

アトピスマイル

この記事に関連する記事一覧