保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

保湿ボディクリームの選び方!乾燥肌ドライスキン対策

アトピーで特に顔や首が赤くてかゆい!どうすればいい?


アトピーで特に顔や首が赤くてかゆい!どうすればいい?

アトピーで症状が出やすいと言われるのが、顔、首、頭皮、背中、耳、腕と上半身です。

特に顔と首には症状が出やすいため悩んでいる人も多くいます。

首のアトピーは治りも悪いといわれているので、今回は顔や首のアトピーを治せる効果的な方法を紹介します。

【顔にアトピーができる原因と対策法】

□顔にアトピーができる原因は?

アトピー症状が顔にひどく出る原因は主に、化粧品、睡眠不足とストレス、食生活と寝具による刺激と免疫力の低下です、

しかも、顔ばかりに症状が現れる場合は化粧品が原因の可能性が高いです。

肌に負担の少ない化粧品と紹介されていても、ほとんどの化粧品は石油系をもとに作られ、肌トラブルを防ぐために添加物で品質を保護しています。

無添加化粧品といっても自分の肌には合わない場合もあるので、きちんと見極めないとアトピー悪化に繋がります。

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一つなので、睡眠不足やストレスの影響で免疫力が低下すると症状が悪化する恐れがあります。

さらに、睡眠不足とストレス、食生活の乱れは肌の質を悪くし潤いを奪う原因なので注意しないといけません。

□顔のアトピーを改善する方法

・症状が軽くなるまでメイクをしない
・病院から処方されたステロイド剤で正しく治療する
・顔に髪がかからないようにまとめておく
・なるべく整髪料を使わない
・赤みが強いときは冷たいタオルで炎症を和らげる

顔に症状が出るいちばんの原因は、肌に触れる強い刺激です

化粧品はもちろん、髪の毛自体も刺激となり整髪料はもっと肌に悪いのです。

症状が軽くなるまでは肌を刺激から守り、炎症がひどいときは濡らしたタオルで冷やしてあげましょう。

医師に相談し処方されたステロイドは正しく使用方法を守って続けないといけません。

じゅくじゅくした汁が出でくる場合はいちばん症状が悪い時なので、自分で対処せずに病院でしっかり見てもらいましょう。

【首にアトピーができる原因と対策法】

□首にアトピーができる原因

首にできるアトピーはいちばん治しにくいと言われていて、根気強くケアを続けないといけませんね。

アトピー症状が首に強くでる原因は、動物性食品による脂の取り過ぎと果糖や砂糖などの過剰摂取です。

なぜなら、砂糖や果糖の毒素が溜まる場所が首なのでいちばん悪影響を受けてしまうのです。

□首のアトピーを改善する方法

首のアトピーを改善する方法は、「砂糖や果糖の過剰摂取を控える」・「動物性食品の脂を控える」ことと、肌を乾燥させないための「保湿を心がける」ことです。

普段から何気なく使っているスキンケア用品には肌に悪い科学物質が入っていることがほとんどです。

この化学物質が皮膚の成分を奪い乾燥させている場合もあるので、処方される保湿剤を正しく使用し肌の乾燥を防いであげましょう。

お風呂で洗う時もなるべく刺激を与えないよう、使うシャンプーや石鹸に気を使い、しっかり泡立ててから優しく洗ってあげましょう。

これから夏にかけて紫外線対策も必要で大変になりますが、出来ることからでいいので改善方法を続けていきましょう!

◆いろいろ注意して工夫しても、アトピーがなかなか改善しなくてカサカサでかゆいときは、アトピスマイルを塗ってみてください。

ライスパワーNO11の成分で十分に保湿して保水するので壊れた肌のバリア機能が修復するのをサポートします。

アトピーの私も使っていますが、潤ってかゆみが軽減するので助かっています。

入浴後にアトピスマイルを薄く塗るといいですよ。

us

*共通案内*
アトピスマイルでバリア機能をアップして潤いをアップ!
乾燥肌ドライスキン、アトピー肌も強力保湿!でかゆみも軽減!
赤ちゃんからお年寄りまで安心な保湿ボディクリーム
公式サイト↓

妊娠中や授乳中でも安心して使えるのもメリットですよ。

 

タグ : 

かゆみ改善

この記事に関連する記事一覧